日本人の英語の発音矯正

英語発音教育の世界で25年もの間、日本人を専門に英語の発音改善指導をしているスコットペリーという人がいます。スコットペリーは、普通の英会話を教えるというのではなく、日本人特有の英語のなまりを改善して、ネイティブな発音ができるように指導しているのです。

 

その実力が評価されて、スコットペリーは映画会社のユニバーサル・ピクチャーズから依頼されて、日本人俳優の発音指導なども行っています。これらのノウハウを基に、スコットペリーの発音大学などの英語教材もたくさん発売されています。例えば、スコットペリーのパーソナルトレーニングプログラムは、ネイティブな発音ができるような方法がたくさん詰まっています。ビデオやリスニングトレーニング用のDVDなどの他、インターネットでのインタラクティブライブTVトレーニングなどもできるようになっています。

 

スコットペリーのパーソナルトレーニングシステムは、スコットペリー氏から直接指導を受けるチャンスがあるので、定員がわずか16名となっています。申し込みをするとレッスンの時間を設定して、トレーニングに必要な教材が送られてきますが、最初はなんとお金を払う必要がありません。数週間受講してみて、効果があったと実感してからその後コースを決めて受講料を支払うシステムになっています。

 

参考になるWEBサイト スコットペリーの発音大学

行政書士試験に合格するために

ここでは、スコットペリーや英語の教材とは関係ありませんが、学習関連の教材を紹介したいと思います。みなさんは、行政書士という資格を知っていますか?長引く不況のせいで、資格の一つでも取得しておかなければという人も多いようです。行政書士は会計士や弁護士といった資格ほど難しくないので、独学で勉強をして試験を受ける人もいるようです。独学で行政書士の勉強をするとなると、優れた教材や参考書が必要になります。そこで、お勧めなのが石井浩一という行政書士が監修した教材です。正確には、石井浩一と坂庭つとむの共著になります。ちなみに、坂庭つとむも行政書士になります。現役の行政書士が講師として、タッグを組み監修したマニュアル式の教材になります。必要最低限の勉強を短期間でこなして、行政書士に合格した石井浩一の学習ノウハウが学べるのです。マニュアルには効率よく勉強を進め、試験に合格するに必要な要素が詰まっています。なんとしてでも、行政書士に合格したいという人は、石井浩一のマニュアルを入手してみてはいかがでしょうか。

 

 

参考サイトの紹介 石井浩一 行政書士